• HOME
  • オススメ商品ご紹介!  瓦葺き替え

オススメ商品ご紹介!  瓦葺き替え

高性能エコ瓦に変えてみませんか?

快適で健康な住空間を
高性能エコ瓦
クール ベーシック

屋根材として最も好まれる色は、落ち着いた色調の黒色や濃い茶色ですが、

その一方で最も太陽からの光を吸収してしまう色です。

「クールベーシック」は太陽光に含まれる赤外線を選択的に反射させることによって、

黒色や濃い茶色でも小屋裏温度の上昇を防ぎ、快適で健康な住空間を創造します。
選択的反射性能(模擬屋根での比較)

「クールベーシック」は、人の目に見える可視光線を吸収し、人の目には見えない赤外線を選択的に反射することのできる意匠性と太陽エネルギー反射性を併せ持つインテリジェント ルーフです。クールベーシックの赤外線域における太陽光エネルギー反射性能は、板金屋根材や化粧ストレート屋根材と比べて5倍以上の性能を発揮します。この反射性能により、夏場の冷房負荷電力の削減やヒートアイランド現象、地球温暖化の抑制に効果を発揮します。



クールブラックと板金屋根材(黒色)の模擬屋根を普通のカメラとサーモグラフィーカメラで撮影しました。どちらも可視光線を吸収するので見た目にはどちらも黒色ですが、サーモグラフィー画像では表面温度の違いがはっきりとわかります。この違いの理由は、クールブラックの赤外線反射性能が板金屋根材(黒色)と比較して約5倍もの赤外線反射性能を発揮するからです。
遮熱性能(夏期日射シュミレーション試験結果)


夏期の日射シュミレーション試験で遮熱性能を評価したところ、クールブラックは化粧ストレート屋根材(黒色)と比較して表面で10℃以上の温度上昇低減効果があり、クールブラックの赤外線反射性能の差が実証されました。
この試験状況は、サーモグラフィー画像でも確認することが出来ます。
日射シュミレーション試験結果


夏期の日射シュミレーション試験にて、屋根材を通過する熱量を比較するためにクールベーシック2色と化粧ストレート屋根材(黒色)、化粧ストレート屋根材(茶色)で屋根材の裏面温度を調べました。
クールブラックは約17℃、クールブラウンは約18℃の温度上昇低減効果が確認出来ました。
カラーバリエーション
   
     タイプⅠ           タイプⅡ            タイプⅠ           タイプⅡ
●クールブラック―シャープなフォルムを際立たせる黒。   ●クールブラウン―心地よい温もりを感じさせる茶。

共通フリーエリア